毎日ビール。

飲んだビールの感想と紹介

65、66杯目 常陸野ネスト ペールエールカスクコンデション、塩梅エール

こんにちは。PPPです。

ゼミ発表などで更新が遅れていました。

今回は久しぶりにお店の紹介をしていきたいと思います。

 

今回紹介するのは東京駅にある常陸野ネストビールの直営店です。

以前クソイベント就職説明会の帰りに東京駅による機会があったため、前々から気になっていた常陸野ネストのお店に行ってみる事にしました。

 

常陸野ネストビールの直営店である常陸野ブルーイングラボは東京駅グランルーフにあります。八重洲口をでてすぐ二階に上がったところです。

f:id:pompomP:20181017112709j:plain

 

常陸野ネストとは茨城県にある木内酒造が製造販売している地ビールのひとつで、今までに数々のコンペで入賞している人気のあるビールです。

常時販売している銘柄の種類が多いのに加えて、限定ビールも精力的に販売しているのが特徴です。

今回はそんな常陸野ネストビールの中でも東京駅でしか飲む事ができない珍しいビールを飲んできたのでそちらをレビューしたいと思います。

飲んでみた

f:id:pompomP:20181030202958j:plain

概要

カスクコンデション…店内で二次発酵させる珍しいビール。

匂い

やや濃いめの穏やかな麦の香り。

炭酸は全くなく滑らかでサラリとした飲み心地。さっくりと飲めば不快にならないくらいの苦味でじっくり味わえば麦の旨味と飲み分けが可能。ゆったりと飲める落ち着いたビール。

甘味3

酸味1

苦味2

コク3

キレ4

f:id:pompomP:20181030203017j:plain

匂い

さっぱりとしたさわやかな梅の匂い。

サッパリとした梅の酸味と塩によって引き立てられた梅の甘みがちょうどよく、ジュースのように飲みやすい。

甘味4

酸味3

苦味1

コク2

キレ4

 

感想

どちらも非常にレベルが高く美味しいビールでした。どちらのビールも普段飲むビールとは一風変わった味をしているので「変わったビールを飲みたい!」という人は是非一度行ってみてください。お店の雰囲気も良くていい感じです。あと今回は食べる事ができませんでしたが、ランチでサバサンドを出しているみたいなので今度行った時には食べてみたいと思います。

 

今回はこの辺で。感想とかくれると嬉しいです。