毎日ビール。

飲んだビールの感想と紹介

63杯目 ブリュードック ジャックハマーIPA

こんにちは。PPPです。

新学期が始まりましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。

僕は初日から絶起し、2限に遅刻してしまいました。頑張っていきましょう。

今回はアイルランドの超有名ビール、ブリュードックの超苦いIPAを紹介したいと思います。

まずIPAとはなんぞやという人に対して簡単ではありますが説明していきます。

IPAとはインディアン・ペールエールの略称で、イギリスがインドを支配していた時にイギリスから現地のイギリス人のためにインドに送られたビールが始まりとなっています。イギリスから遠くのインドに送るため、腐敗しないように防腐効果があるホップを大量にビールに入れました。そのため、普通のビールに比べ苦味が強いのが特徴です。

ビールにはIBUという苦味の指標があるのですが、スーパードライが約20なのに対して、ジャックハマーIPAは200もあります(ちなみに、一番苦いビールのIBUは1000です)。

 

ブリュードックはレギュラー商品としてIPAを数多く生産していますが、ジャックハマーIPAはその中でも一番の苦さを誇るビールとなっています。

 

飲んでみた

f:id:pompomP:20180925135509j:plain

匂い

グレープフルーツ系の強烈なホップ臭。

麦の旨味が感じられ、口あたりはまろやかだが、IPA特有のジューシーな苦味が口全体に弾けるように拡散する。

飲み心地は悪くなく、IBUの高さほどはエグさを感じさせない。

 

甘味2

酸味2

苦味5

コク3

キレ2

 

感想

IBUの高さから身構えていましたが、思ったよりは飲みやすいビールでした。

ブリュードックはこのビールの他にもパンクIPAというドンキにも売ってるような有名なIPAがあるので、苦いビールが好きな人は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

今回はこの辺で。 読んだらRTお願いします。