毎日ビール。

飲んだビールの感想と紹介

42杯目 ヤッホーブルーイング インドの青鬼

こんにちは。PPPです。

最近深夜アニメで『たくのみ。』というアニメがやっているみたいですね。

僕はまだ1話しか見ていないんですが、3度注ぎの方法などビールそのものの情報だけではなく周辺情報までやっているのは非常に良いと思いました。3話では水曜日のネコを取り扱っていたそうなので、今度飲んでレビューしてみたいなあと思っています。

今回はそんな水曜日のネコを製造している会社であるヤッホーブルーイングが販売しているインドの青鬼を飲む機会があったのでレビューしていきたいと思います。

 

インドの青鬼はIPA(インディアンペールエール)と呼ばれる種類のビールになります。IPAとは昔イギリスがインドを支配していた時に、イギリスからインドにビールを輸送する際、腐敗を防ぐためホップ(ハーブの一種)を大量に入れたことに端を発するビールです。

ホップを大量に入れるため苦味が強いのが特徴となっています。

 

水曜日のネコ 350ml 1缶

水曜日のネコ 350ml 1缶

 

 

 

インドの青鬼 350ml

インドの青鬼 350ml

 

 

 

飲んでみた

f:id:pompomP:20180217005617j:plain

匂い

刈られた草のような青臭い匂い。

かなり強目の苦味とぶどうの皮を噛んでいるような感じのかすかな渋み。口に含んでいるとオレンジの皮のような香りと酸味をかすかに感じる。

甘味1

酸味2

苦味4

コク2

キレ2

 

感想

草っぽい味が口をさっぱりさせるので味の強い料理に合うと思います。

個人的にはもっと苦いほうが好みなのですが、値段も手頃でなんといっても入手しやすい(コンビニなどでもたまに販売している)ので、IPAの入門としてはいいんじゃないでしょうか。 常温だと苦味も薄れて飲みやすいので冬にぴったりなビールです。

 

今回はこの辺で。3月くらいまでは週一くらいのペースで更新できるよう頑張ります。