毎日ビール。

飲んだビールの感想と紹介

ビールこぼれ話 生って何?

こんにちは。PPPです。

タイトルを見て哲学的な話かと思って開いた方には申し訳ないのですが、今回は生ビールの生とは何かについてお話していこうと思います。

 

皆さんは生ビールと言われて何をイメージしますか?多くの人はお店で樽から注がれるビールを思い浮かべるのではないでしょうか。

f:id:pompomP:20170930181024j:plain

(写真は新宿の居酒屋で一人飲みした時に撮ったものです。飲みのお誘いは随時受け付けております。)

そのイメージは半分正解で半分不正解です。どういう事かといいますと、実は日本と海外では「生ビール」の定義が異なるのです。

 

ビールを作るには酵母というものが必要です。酵母が発酵によって糖分をアルコールと炭酸に変えることでビールが生まれます。しかし酵母を入れたままにしておくとどんどん発酵が進んでアルコール度数がどんどん高くなってしまうので、昔はある程度発酵が進んだら熱処理を加えることによって酵母を殺し、長期間味の変わらないビールを作っていました。しかし熱処理を加えるとビールの味は多少変質してしまいます。短期間であれば酵母を入れたままでも味の変化は少ないので、ビール工場の近くの居酒屋では酵母を入れたままのビールを樽ごと工場から買い取り、新鮮なビールを店で提供していました。海外ではこれを「生ビール」(樽ビール、ドラフトビール)と呼んでおり、昔の日本も「生ビール」といえば酵母が入ったままのビールを指しました。

しかし1967年に当時ビール業界に新規参入したばかりだったサントリーがシェア獲得の一環として「純生」を販売します。純生は、当時NASAの最新技術だったミクロフィルターにビールを通すことで熱処理せずに酵母を取り除いたビールを「生ビール」と表現して販売したものでした。アサヒ・キリン・サッポロはこれに抗議しますが、特許庁は純生の商標登録を認め、公正取引委員会もこれに追従し、以後日本では「加熱処理をしていないビール」を「生ビール」として定義することとなりました。

f:id:pompomP:20170930185535j:plain

 

というわけで日本と海外では生の定義が異なるという話でした。日本の大手のビールはだいたい生ビールなのですが、キリンのラガービールは今でも熱処理したビールです。

昔の味を体験してみたい人は飲んでみるといいのではないでしょうか。

今回はこのへんで。