毎日ビール。

飲んだビールの感想と紹介

サントリーの電動神泡サーバーがネ申すぎる件についてWwwwwwwwwww

こんにちは。PPPです。

就職活動をしたりしなかったりしていたら前回の記事から2ヶ月も経ってしまいました。すみません。

最近は友人と雑に東京をドライブして途中で見かけた公園のターザンロープでめちゃくちゃはしゃいで遊んだりしていました。

f:id:pompomP:20190415211052p:plain

ターザンロープではしゃぐ僕



この時に一緒に行った友人が逆上がりができないことがわかったので煽りまくったのですが、その友人はもう内定をもらって就活を終えていました。就活に逆上がりができるかどうかは関係ないみたいですね。

 

世間話はこのくらいにして、今回はタイトルまんまの記事になります。

 

最近サントリーの広告に「神泡」という言葉が出てくるのをよく見かけると思います。

 

「神泡」とは良い泡を注ぐことで美味しいビールを飲もう、というサントリーのキャンペーンなのですが、その一環として電動神泡サーバーというものが作られました。これはプレミアムモルツのケースを購入した人に配布された商品で、これを使えば簡単にビールをより美味しくする「神泡」が作れるというものです。

今回はそのサーバーを入手することができたのでレビューしていきたいと思います。

 

ビールの泡ってなぜ必要なの?

この記事を見ている方の中には「そもそもなんでビールの泡って必要なの?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。僕も前の記事でビールの泡の重要性について触れると書いておきながら完全に忘れていたので、この機会にビールの泡の持つ役割について書いておきたいと思います。

ビールの泡の主な役割は下の3つです。

 

①ビールの酸化を防ぐ

②ビールの苦みを抑える

③ビールの炭酸を軽減する

 

以下順番に説明していきます。

①ビールの酸化を防ぐ

ビールは酸素に触れると急激に劣化します。これはビールの中のタンパク質やポリフェノールが酸素と結合することで香りや味に変化が生じてしまうためです。(詳しくは下の記事をどうぞ)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jafps1987/21/3/21_3_153/_pdf

 

そこでビールの泡はビール本体と空気の接触を防ぎ、ビールを美味しい状態に保つという役割を担っています。泡が蓋の役割をしているということですね。

 

②ビールの苦みを抑える

ビールの泡は麦芽のタンパク質とホップのイソα酸からできています。このイソα酸こそがビールの苦みを形成している部分なので、細かい泡がたっているビールは苦みが少なく飲みやすいということになります。

実際に液:泡=1:9で注いでみるとビール液の味はかなり甘くなります。注ぎ方を間違えて泡だらけになったビールを飲んだら甘かった、という経験はないでしょうか?

 

③ビールの炭酸を軽減する

ビールの泡は空気からではなく、ビール内の炭酸によって形成されます。なので泡がたてばたつほどビールの炭酸は少なくなります。刺激が薄れることでビール本来の味や香りをより楽しめるようになるという効果があります。

 

ここまでビールの泡の役割について書いてきましたが、泡がこれらの役割を十分に果たすためにはある条件があります。

 

それは泡がきめ細かいことです。

 

大きく荒い泡(通称カニ泡)はすぐ消えてしまうためビールの酸化を防ぐには不向きですし、炭酸も必要以上に抜けてしまい文字通り気の抜けた味になってしまいます。

そのため細かい泡を立てることはビールを美味しく飲む上で大変重要なのですが、手動で細かい泡を立てるのはなかなか大変です。

そこで登場したのが電動神泡サーバーです。サントリーの宣伝によると、これを使えば自宅で簡単にキメの細かい「神泡」を作ることができるらしいです。

 

というわけで長くなりましたが電動神泡サーバーで美味しい泡は作れるのか、を試してみたいと思います。

電動神泡サーバーを使ってみた

 

 下が電動神泡サーバーの写真です。持ち手上部にあるスイッチを押すことで、リングの部分にある銀の丸から超音波が出てビールを泡立てるという構造になっています。

f:id:pompomP:20190415223525j:plain

電動神泡サーバー。単四電池2本が必要(別売)



 使い方としてはまず下の写真のように缶に装着します。

f:id:pompomP:20190415220035j:plain


 その後注ぎ口をグラスの淵につけながら泡を立てずにグラスの7割くらいのところまで注ぎます。

 最後に缶を傾けながらスイッチを押し、泡がたったらゆっくりと注げば完成です。

youtu.be

下の動画では神泡サーバーで作った泡が細かくモチモチなことがわかると思います。

youtu.be

香るエール自体は前の記事で紹介したのでレビューは省きますが、以前に飲んだ時よりもさらにまろやかで口当たりの良い味になっており、まさに「神泡」という感じで大変美味しかったです。

 

この電動神泡サーバー本当ならプレミアムモルツをケースで買わないと入手できないのですが、メルカリに1500円くらいで売っているのでこの記事を読んで神泡サーバー試してみたいけどケース買うお金なんかないよ;;という人はメルカリで買うといいと思います。缶であればサントリー以外でも使える(一般的な350ml、500ml缶に限る)ので非常に便利です。

 

 

現在あらゆることに対するモチベが低い状態なので就活が終わるまで更新が途絶える可能性も高いですが、そもそも最近就活関係なく更新頻度が低かったのでやる気の問題だと思います。

次もやる気が出たら更新しようと思っているので気長にお待ちください。

今回はこの辺で。

 

参考資料

杉村啓『白熱ビール教室』,星海社,2016年

 

 

ビール製作のまとめ!どうやって作るの?値段は?法律には抵触しないの?作ってみた!

こんにちは!PPPです!

今回はビールの作り方をご紹介したいと思います。

ビールといえば世間で大人気のお酒ですよね。

僕も大好きでいつも飲んでいます。

そんな人気のビールですが、一体どのような方法で製造されているのでしょうか。

そんなビールの作り方を調べてまとめてみました!どれくらいの値段で作れるの?法律には抵触しないの?製造している写真と一緒にどうぞ!

 

ビールってどんな飲み物?

ビールのプロフィール

名前 ビール

生年月日 紀元前4000年?

年齢 6000歳?

出身地 メソポタミア

職業 飲料

f:id:pompomP:20190203092449p:plain

 

 

 

 

ビールの歴史は古く、紀元前4000年ほどにメソポタミアシュメール人が作っていたのが最古の資料として残っています。意外と年をとっているんですね。

 

ビールはどうやって作るの?

ビールと酒税法

日本においてビールは各酒造さんによって製造されています。なぜなら日本では酒造免許を持っていない人がアルコール度数1%以上のビールを作ってしまうと酒税法違反になってしまうからです。ビールの酒造免許を取るには年60キロリットルの製造が必要であり、一般人が酒造免許を取るのは不可能と言っていいでしょう。では一般人はビールを作れないのでしょうか。

 

実は、日本でも酒税法に引っ掛かることなく自家製ビールを作る方法があるんです!その方法とは、BOPです。

 BOPとはBrewing On Premiseの略で、酒造さんの設備を使うことで法律に抵触せずビールを作るというものです。(販売はできません)

 

今回はBOPでビールを作ってきたのでその様子を画像付きで紹介していきたいと思います!

 

ビールを作ってみた!

今回は茨城県にある木内酒造さんで作ってきました。

木内酒造さんは日本酒の製造メーカーなのですが、常陸野ネストという名前でビールも製造販売しています。

常陸野ネストビールといえば以前このブログでも紹介しましたね。

 

pppbeer.hatenablog.jp

 

f:id:pompomP:20190203101644j:plain

木内酒造さん。いかにも日本酒の酒蔵という感じ

f:id:pompomP:20190203102737j:plain

中に入ると手作りビールの製造所に案内されました。釜がいくつもあって圧倒されます。

ビールを作る前に木内酒造の方からどのようなビールを作るかを聞かれました。木内酒造ではホワイトエール、ペールエール、アンバーエール、スウィートスタウトの4種類のスタイルから作るビールを選ぶことができ、さらに色やアルコール度数、ホップや副材料まで割と自由に決めることができます。今回はバナナを用いたビールを作ろうと思っていたので、それに合うようにスタイルなどを決めていきました。

f:id:pompomP:20190203103240j:plain

スタイルや材料を選んだらいよいよビール作りの開始です。

まずはビールに欠かせない麦芽の量を量り、ミルで砕いていきます。

 

f:id:pompomP:20190203103814j:plain

 

f:id:pompomP:20190203104514j:plain

 

その後砕いた麦芽と水を釜に入れ、麦芽の糖化を行っていきます。糖化とは麦芽酵素によってでんぷんを糖に分解することを指します。糖が最終的にアルコールと炭酸になるので、その準備段階ということですね。

 

f:id:pompomP:20190203103931j:plain

 

糖化が終わったら次に麦汁を下から出しては上に入れてを繰り返すことでろ過を行っていきます。麦芽カスが天然のフィルターになっていくので繰り返せば繰り返すほど下にきれいな麦汁がたまっていきます。この麦汁が一番搾りと呼ばれるものです。

 

f:id:pompomP:20190203105042j:plain

 

f:id:pompomP:20190203105126j:plain

一番搾り麦汁。みたらしだんごのような濃厚な甘みがします。

 

この後一番搾り麦汁を別の釜に移し、残った麦芽カスにお湯をかけるスパージという作業を行ないます。これによってクリアな二番絞り麦汁を取ることができます。

 

f:id:pompomP:20190203105823j:plain

左から一番搾り麦汁、二番絞り麦汁。右のほうがクリアな味がする

 

f:id:pompomP:20190203110735j:plain

スパージ後の麦芽。きれいな層になっている

 

その後二番絞り麦汁を一番搾り麦汁と同じ釜に入れ、ホップや副材料を入れて煮沸します。ホップは最初に入れたものがビールの香りを、後に入れたものがビールの苦味を作るのでその順番にも気をつけなければいけません。

 

f:id:pompomP:20190203120035j:plain


煮沸が終わったらビールを冷却します。その後糖をアルコールと二酸化炭素に分解してくれる酵母を投入し、発酵させます。

 

f:id:pompomP:20190203110755j:plain

 

一ヶ月後木内酒造さんからビールが送られてきました。早速飲んでみましょう!

飲んでみた!

f:id:pompomP:20190203120427j:plain

匂い

ほんのりと甘くきつすぎないバナナの匂い。やや小麦のようなミルク感のある匂いもある。

 

すっきりとしていてキレが良く、軽い麦の風味の中でスパイシーさがアクセントとなっている。匂いの割にバナナの甘みは少ない。

甘味2

酸味2

苦味1

コク2

キレ4

 

感想

飲む前は濃厚なバナナの甘みがするのではないかと思っていたのですが、意外に軽い飲み口でした。どうやらバナナの甘みもアルコールになってしまったようです。コンセプトとして寒い冬の日に常温で飲む甘くて重めのビールというふうに考えていたので、思っていた味とは違ったのですが、これはこれで美味しいので暖かい日に飲みたいと思います。

 

値段は?

気になる値段ですが、15リットルで28000円位です。瓶45本なので一本600円くらいですかね。平日に行くともっと安くなるのでそこまで高くはないと思います。

 

まとめ

いかかでしたか?普段何気なく飲んでいるビールですが、実は色々な工程によって出来ていることがわかりました。手作りすると糖化の作業やろ過の作業も1つ1つ手作業でやらなければならないので意外と大変です。ビールは手間暇かけて作られているんですね。


これからもビールの活躍に期待しましょう!

 

 

 

71,72杯目 富士桜高原麦酒 ラオホボック 常陸野ネスト ノンエール

こんにちは。PPPです。

2018年初更新が2月になってしまいました。長らくお待たせしてすみません。1月はテストがまんべんなくあって辛かったです。

2月以降はアレ(社会との一体化)があるので相変わらず亀更新になると思いますがお許しください。

ところで最近ボードゲームにはまっているんですが、新しいゲームを買ってもなかなか遊んでくれる人がおらず積みっぱなしになっています。悲しい。子供の頃は積みゲーを作るっていうのが理解できなかったのですが、齢22にして買っても遊ぶときがないから積んでしまうんだと理解できるようになりました。特にボードゲームは基本ソロプレイが出来ないのでデジタルゲームと比べてさらに積みやすいという特性を持っています。やりたいゲームがたくさんあるので興味がある方は是非声をかけてください。一緒にやりましょう。

今回は久しぶりに美味しいビールが飲めるお店を紹介していきたいと思います。

 

この前(といっても11月)久しぶりに下北沢に行く機会があったので以前ブログでも紹介した北沢小西さんと前から気になっていたお店に行くことにしました。

 (北沢小西さんで飲んだビールの紹介記事です↓)

pppbeer.hatenablog.jp

 

 

pppbeer.hatenablog.jp

 北沢小西さんではあまり見かけない珍しいビールがたくさん売っているのですが、このときはラオホボックがあったのでそれを購入しました。

ラオホとはドイツ語で煙を意味する言葉で、名前の通り燻製した麦芽を用いたビールスタイルを指します。ボックというのは高アルコールのビールスタイルなので、ラオホボックとは燻製した高アルコールのビール、と言う意味です。

 

飲んでみた

f:id:pompomP:20181210165107j:plain

匂い

燻製の匂い。肉の燻製のような旨味と酸味が混ざったような香り。

酸味を基調として燻製らしい深みのある味わい。

チョコレートのような苦味が喉奥に残る。

甘味2

酸味3

苦味3

コク4

キレ2

 

北沢小西さんで飲んだ後前々から気になっていたtap&glowlerさんに行きました。tap&glowlerさんは日本では珍しい量り売りでクラフトビールを売ってくれるお店で、調べた限りだと東京ではここと後もう1店舗しかないっぽいです。

お店は下北沢駅北口(今はない)から5分くらいのところにあります。やや見つけづらいので初めて行くときは地図アプリを使うことをお勧めします。

f:id:pompomP:20181210172242j:plain

f:id:pompomP:20190201184344j:plain

店内には小さめのテーブルとカウンター。tap数(生ビールの種類数)は18種類と多く、缶ビールや瓶ビールも販売されています。

ここでは色々なビールを飲んだのですが、紹介したいと思ったビール(?)が販売されていたので今回の記事ではそれを紹介します。(tapのビールが気になる人は量り売りで買ってきたビールを紹介している下の記事をどうぞ)

pppbeer.hatenablog.jp

 今回のタイトルになっているノンエールは名前の通りノンアルコール(0.3%なので正確には低アルコール)ビールです。たまにはビールテイスト飲料も紹介しなければと思ったので選んでみました。

飲んでみた

f:id:pompomP:20181210172321j:plain

匂い

アンバーエールやレッドエールのようなすっきりとした爽やかなホップ臭。麦の匂いはあまりしない。

すっきりとしていて軽いがしっかりと酸味や苦味が感じられ、後味もドライで飲みやすい。

甘味2

酸味3

苦味3

コク2

キレ4

 

感想

今回は高アルコールビールとノンアルコールビールの両方を紹介したわけですが、どちらにも良さがあってとても美味しかったです。どちらのお店も今回紹介したビール以外にも美味しいビールがたくさんあるので下北沢に行く際は是非行ってみてはいかがでしょうか。

今回はこの辺で。次は早く更新できるといいなあ…

 

71杯目 ブルームーン

こんにちは。PPPです。

今年も残すところあと1日になりましたね。今年は週一くらいで更新すると言っておきながら結局月一くらいの更新になってしまいました。来年はもう少し頻度を上げていきたいと思っていますので気長にお待ちください。

みなさんは今年の元日に立てた目標は達成できましたか?僕は今年の目標として「他人に興味を持つ」というのを掲げていたのですが、達成することはできませんでした。

2019年は「社会と一体化する」もとい「クソでかい主語になる」を目標に頑張っていきたいと思うので応援宜しくお願いします。「男」とか「人間」とか「日本人」みたいなでかい主語の言説をしても違和感を感じず、逆に連帯感を感じられるような公の感覚を身につけていきたいです。

今回はアメリカのホワイトエールであるブルームーンを紹介していきたいと思います。

ブルームーンは2013年に日本に初輸入された日本では比較的新しめのビールです。日本での販売当初はアメリカNo.1のクラフトビールとして紹介され、日本に輸入されたブルームーンは黒船に例えられました。今でも百貨店などに行くと置いてあるのをよく目にします。たまには知名度のあるビールも紹介しようと思ったので今回このビールを選びました。

 

飲んでみた

f:id:pompomP:20181231083358j:plain

撮影ミスで写真がぶれてしまっています。アルコール中毒のせいではありません。
匂い

ヨーグルトのような酸味と小麦の甘さが混ざったコクのある香り。

かなりまったりとした小麦の甘い味にオレンジの酸味とコリアンダーのスパイスが効いてくどくなくさっぱり飲める。ラッシーに酸味を足したような味わい。

甘味3

酸味3

苦味1

コク3

キレ3

 

感想

爽やかで甘くて美味しいビールです。ジュースみたいな感覚で飲めますね。公式ではオレンジを入れると美味しいと書いてありましたが、パイナップルなどを入れてもよいと思います。

 

今回はこの辺で。来年もよろしくお願いします。

 

 

69杯目、70杯目 サッポロ 静岡麦酒 ひでじビール 栗黒

こんにちは。PPPです。

唐突ですが先々週の土曜日に静岡旅行に行ってきました。

静岡に行った理由としては浪人の時の知り合いが船に乗せてくれるということだったのとその知り合いには長いこと(といっても二、三ヶ月ですが)あっていなかったので会いたいと思ったことがありました。

船に乗せてくれるのに手ぶらで行くのもどうかと思い、僕は量り売りの店で買った(このお店についてはまた個別に記事をあげたいと思っています)ビールを持って行くことにしました。

今回は持って行ったビールと静岡で飲んだ限定ビールを紹介していきたいと思います。

飲んでみた

f:id:pompomP:20181203140705j:plain

グラスに入れた写真を撮り忘れてしまいました
匂い


すっきりとしていて強すぎない麦の匂い。

 

黒ラベルにも似た軽い麦感のある甘み。さらりとした後味で水のように飲みやすい。

甘味2

酸味1

苦味2

コク3

キレ4

f:id:pompomP:20181203140727j:plain

匂い

濃いチョコレートのような匂い。

 かなりまったりとした舌触りで口の中に絡みつくような感じ。炭酸はほとんどなく、チョコレートのような甘みがダイレクトに感じられる。

甘味3

酸味1

苦味3

コク4

キレ2

 

感想

静岡麦酒は黒ラベルをさらに軽めにしたような感じで一般的なビールが好きなら受け入れやすい味だと思います。温暖な静岡の気候に合った感じ。

 

栗黒はチョコレートドリンクのようでかなり美味しかったです。常温でも美味しく冬の夜にぴったりのビールだと思います。

 

静岡旅行では三保の松原に行ったり富士山を見たり船に乗ったりしてとても楽しかったです。静岡旅行の思い出として静岡の居酒屋に写真付き色紙を残してきたので今度静岡に行く皆さんはよければ探してみてください。

f:id:pompomP:20181210171316j:plain

航海中はスピーカーから軍歌を流したりしていました



 

68杯目 TANTE TATIN

こんにちは。PPPです。

更新遅れました。今日はやる気があるので更新します。

最近めっきり寒くなったので冬に合いそうなビールを買うことが多くなりました。今回はそんなビールの一つを紹介していきたいと思います。

 

今回紹介するのはりんごを使ったビール、タントタタンです。

タントタタンという名前は有名なリンゴパイの製法であるタルトタタンを思わせるようで美味しそうだったので買ってきました。

 

飲んでみた

f:id:pompomP:20181122190545j:plain

匂い

アップルパイのリンゴのような強烈な甘い匂いとかすかな酸っぱそうな匂い

アルコール感がかなり高く匂いよりは甘くない。リンゴの甘さよりは麦の甘さが強くリンゴ感は酸味のみ。やや辛口。

甘味2

酸味2

苦味1

コク3

キレ1

 

感想

甘くない……(´・ω・`)

匂いの割に甘くなさすぎて飲んだ時↑のような顔になってしまいました。

リンゴは後味にほんのり香る程度で、リンゴパイのリンゴのような甘さを期待して買うと後悔しそうです。

甘いのがそこまで得意でもない人が冬にゆったり飲むにはいいんじゃないでしょうか。

 

今回はこの辺で。なるべく早く更新できるよう頑張ります。

 

67杯目 サントリー ハートランド

こんにちは。PPPです。

いよいよ今年もあと二ヶ月になってしまいましたね。

今年の目標として『他人に興味を持つ』を掲げていたのですが、達成できずに終わりそうです。

今回は久しぶりにレギュラーで販売しているビールを紹介していきたいと思います。

 

飲んでみた

f:id:pompomP:20181105123451j:plain

匂い

かなり軽い穀物臭。

苦味がやや強いがさらりとしていて喉の通りの良い味。

全体的にはバランスが良いが一番搾りに比べると旨みにかける気がする。

甘味2

酸味3

苦味3

コク3

キレ3

 

感想

よく言えばバランスのとれた、悪く言えば個性があまり無いビールです。

アサヒや黒ラベルでは軽すぎるが、一番搾りやエビスでは苦くて重すぎるという人にオススメしたいビールです。

 

今回はこの辺で。