毎日ビール。

飲んだビールの感想と紹介

68杯目 TANTE TATIN

こんにちは。PPPです。

更新遅れました。今日はやる気があるので更新します。

最近めっきり寒くなったので冬に合いそうなビールを買うことが多くなりました。今回はそんなビールの一つを紹介していきたいと思います。

 

今回紹介するのはりんごを使ったビール、タントタタンです。

タントタタンという名前は有名なリンゴパイの製法であるタルトタタンを思わせるようで美味しそうだったので買ってきました。

 

飲んでみた

f:id:pompomP:20181122190545j:plain

匂い

アップルパイのリンゴのような強烈な甘い匂いとかすかな酸っぱそうな匂い

アルコール感がかなり高く匂いよりは甘くない。リンゴの甘さよりは麦の甘さが強くリンゴ感は酸味のみ。やや辛口。

甘味2

酸味2

苦味1

コク3

キレ1

 

感想

甘くない……(´・ω・`)

匂いの割に甘くなさすぎて飲んだ時↑のような顔になってしまいました。

リンゴは後味にほんのり香る程度で、リンゴパイのリンゴのような甘さを期待して買うと後悔しそうです。

甘いのがそこまで得意でもない人が冬にゆったり飲むにはいいんじゃないでしょうか。

 

今回はこの辺で。なるべく早く更新できるよう頑張ります。

 

67杯目 サントリー ハートランド

こんにちは。PPPです。

いよいよ今年もあと二ヶ月になってしまいましたね。

今年の目標として『他人に興味を持つ』を掲げていたのですが、達成できずに終わりそうです。

今回は久しぶりにレギュラーで販売しているビールを紹介していきたいと思います。

 

飲んでみた

f:id:pompomP:20181105123451j:plain

匂い

かなり軽い穀物臭。

苦味がやや強いがさらりとしていて喉の通りの良い味。

全体的にはバランスが良いが一番搾りに比べると旨みにかける気がする。

甘味2

酸味3

苦味3

コク3

キレ3

 

感想

よく言えばバランスのとれた、悪く言えば個性があまり無いビールです。

アサヒや黒ラベルでは軽すぎるが、一番搾りやエビスでは苦くて重すぎるという人にオススメしたいビールです。

 

今回はこの辺で。

65、66杯目 常陸野ネスト ペールエールカスクコンデション、塩梅エール

こんにちは。PPPです。

ゼミ発表などで更新が遅れていました。

今回は久しぶりにお店の紹介をしていきたいと思います。

 

今回紹介するのは東京駅にある常陸野ネストビールの直営店です。

以前クソイベント就職説明会の帰りに東京駅による機会があったため、前々から気になっていた常陸野ネストのお店に行ってみる事にしました。

 

常陸野ネストビールの直営店である常陸野ブルーイングラボは東京駅グランルーフにあります。八重洲口をでてすぐ二階に上がったところです。

f:id:pompomP:20181017112709j:plain

 

常陸野ネストとは茨城県にある木内酒造が製造販売している地ビールのひとつで、今までに数々のコンペで入賞している人気のあるビールです。

常時販売している銘柄の種類が多いのに加えて、限定ビールも精力的に販売しているのが特徴です。

今回はそんな常陸野ネストビールの中でも東京駅でしか飲む事ができない珍しいビールを飲んできたのでそちらをレビューしたいと思います。

飲んでみた

f:id:pompomP:20181030202958j:plain

概要

カスクコンデション…店内で二次発酵させる珍しいビール。

匂い

やや濃いめの穏やかな麦の香り。

炭酸は全くなく滑らかでサラリとした飲み心地。さっくりと飲めば不快にならないくらいの苦味でじっくり味わえば麦の旨味と飲み分けが可能。ゆったりと飲める落ち着いたビール。

甘味3

酸味1

苦味2

コク3

キレ4

f:id:pompomP:20181030203017j:plain

匂い

さっぱりとしたさわやかな梅の匂い。

サッパリとした梅の酸味と塩によって引き立てられた梅の甘みがちょうどよく、ジュースのように飲みやすい。

甘味4

酸味3

苦味1

コク2

キレ4

 

感想

どちらも非常にレベルが高く美味しいビールでした。どちらのビールも普段飲むビールとは一風変わった味をしているので「変わったビールを飲みたい!」という人は是非一度行ってみてください。お店の雰囲気も良くていい感じです。あと今回は食べる事ができませんでしたが、ランチでサバサンドを出しているみたいなので今度行った時には食べてみたいと思います。

 

今回はこの辺で。感想とかくれると嬉しいです。

 

 

64杯目 サッポロ ビアサプライズ 至福の深み

こんにちは。PPPです。

更新遅れました。

今回はファミマで販売されていた限定ビールを飲んでいきたいと思います。

 

飲んでみた

f:id:pompomP:20181012133326j:plain

匂い

酸っぱい匂い。黒ラベルに近い匂いも感じられる。

かなりさらりとした飲み心地でキレはかなりいいが喉奥にアルミホイルを押し付けたような渋さのある苦味が残る。

味としてはホップを溶かした水のような感じで深みは感じられない。

甘味1

酸味1

苦味2

コク1

キレ3

 

感想

名前の割には深みのないビールであまり美味しくなかったです。

飲むのはお勧めできないです。

 

さっくり更新ですが今回はここまで。次回はなるべく早く更新します。

 

63杯目 ブリュードック ジャックハマーIPA

こんにちは。PPPです。

新学期が始まりましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。

僕は初日から絶起し、2限に遅刻してしまいました。頑張っていきましょう。

今回はアイルランドの超有名ビール、ブリュードックの超苦いIPAを紹介したいと思います。

まずIPAとはなんぞやという人に対して簡単ではありますが説明していきます。

IPAとはインディアン・ペールエールの略称で、イギリスがインドを支配していた時にイギリスから現地のイギリス人のためにインドに送られたビールが始まりとなっています。イギリスから遠くのインドに送るため、腐敗しないように防腐効果があるホップを大量にビールに入れました。そのため、普通のビールに比べ苦味が強いのが特徴です。

ビールにはIBUという苦味の指標があるのですが、スーパードライが約20なのに対して、ジャックハマーIPAは200もあります(ちなみに、一番苦いビールのIBUは1000です)。

 

ブリュードックはレギュラー商品としてIPAを数多く生産していますが、ジャックハマーIPAはその中でも一番の苦さを誇るビールとなっています。

 

飲んでみた

f:id:pompomP:20180925135509j:plain

匂い

グレープフルーツ系の強烈なホップ臭。

麦の旨味が感じられ、口あたりはまろやかだが、IPA特有のジューシーな苦味が口全体に弾けるように拡散する。

飲み心地は悪くなく、IBUの高さほどはエグさを感じさせない。

 

甘味2

酸味2

苦味5

コク3

キレ2

 

感想

IBUの高さから身構えていましたが、思ったよりは飲みやすいビールでした。

ブリュードックはこのビールの他にもパンクIPAというドンキにも売ってるような有名なIPAがあるので、苦いビールが好きな人は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

今回はこの辺で。 読んだらRTお願いします。

 

62杯目 サッポロ 焙煎生ビール

こんにちは。PPPです。

9月に入って暑い日もめっきりと減ってすっかり秋めいてきましたね。

8月の暑い日は皆さんも僕と同じように毎日ビールを飲んでいたと思いますが、最近は暑い日も減ってきてビールをあまり飲んでいないなーという人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな皆さんにおすすめの秋ビールを紹介したいと思います。

秋ビールとは9~11月くらいに各ビール会社が期間限定で出すビールのことです。ビールの消費量は8月をピークとしてガクッと落ちるので、各ビール会社は売り上げを維持しようと秋らしい特別な味のビールを出すことが多いです。特徴としては爽やかさやキレの良さよりは麦の旨味に重点を置いたどっしりとした感じのビールが多いことがあげられます。

今回はサッポロからでている秋限定ビールを紹介したいと思います。

 

飲んでみた

f:id:pompomP:20180919220352j:plain

匂い

アサヒドライみたいな軽めの穀物臭でやや麦が強め

酸味が口に含んだ週間はやや強めに感じられるが、基調としては麦のどっしりとした旨味。キレはやや低め。苦味はカラメル系で深みがある。

甘味3

酸味3

苦味3

コク4

キレ2

 

感想

メジャービールと違って麦の味がダイレクトに感じられます。甘めなのでビールの苦味が苦手な人も飲みやすいのではないでしょうか。

秋限定ビールは面白いものが多いので是非一度飲んでみてください。

今回はこの辺で。

 

 

 

61杯目 サントリー 海の向こうのビアレシピ 柑橘の香りの爽やかビール

こんにちは。PPPです。

サークルの合宿などがあり投稿が少し遅れました。なるべく投稿間隔をあけないように頑張りますので皆さんも投稿したら1日3回くらい読んでください。

投稿が空いたお詫びと言ってはなんですが、今回はレビューの前にビール小話を一つ紹介していきたいと思います。

この前サークルの人とビアガーデンに行ったのですが、リッタージョッキを頼んだら途中で泡が少なくなってしまいました。

みなさんもビールを飲んだ時こんな経験をしたことがあるのではないでしょうか。

話すのに夢中になっていた、料理を食べていた、様々な理由があると思いますが、泡がなくなったビールは急速に劣化してしまいます。

しかし泡があるうちにビールを飲み切り続けるのもなかなか難しいです。ゆっくりとビールの味を楽しみたい、そもそもそんなに早くビールを飲めないという人もいるはずです。

そこで今回はビールの泡を復活させる方法を皆さんにお教えします。

それは塩を少しビールに入れることです。塩の結晶がビール内の二酸化炭素の気化を促すため、ビールの泡を復活させることができるのです。塩を入れることでビール内の二酸化炭素が少なくなり、また泡はビール内の苦味成分を吸着しているため塩を入れることで炭酸や苦味が抑え目なビールになります。苦いビールや強炭酸ビールが苦手な方は塩を少し入れてみると飲みやすくなります。ぜひ一度試してみてください。

 

 前置きが少し長くなりましたが今回紹介するのはサントリーの海の向こうのビアレシピシリーズのひとつです。このシリーズは以前紹介しましたね。そちらはなかなか美味しかったのでこのビールも楽しみです。

(前回の記事を読んでいない人はこちらから読めます)

 

pppbeer.hatenablog.jp

 

飲んでみた

f:id:pompomP:20180827214948j:plain

匂い

ほのかな柑橘系の酸味のある香り。

 

かなり水っぽくボケた味がする。

ライム感のあるがややする程度でほとんど味がしない。

雰囲気としてはコロナに近い。

甘味1

酸味3

苦味1

コク1

キレ4

 

感想

無。

味がなさすぎてがっかりします。商品名にも書かれている酸味もかなり薄く、これなら別のビールで十分です。個人的には1リットル100円とかなら買うのを考えるレベルのビールだと思います。

 

今回はこの辺で。感想とか気になってるビール情報とかください。